Home > Dektec > DTC-320

DTC-320

Dektec

StreamXpertv2 TS解析ソフトウェア

DTC-320

製品特長

  • TSリアルタイム解析、TS記録
  • ビットレートのリアルタイムモニタリング( テーブル毎のレート確認)
  • PID、サービス情報、テーブルの構造のツリー表示
  • TR101 290準拠のエラー監視、ログファイル出力
  • PCR解析(Accuracy、Interval)
  • 映像/音声デコード( MPEG-2/MPEG-4/H.264、AAC/MpegLayer2/AC3)
  • カスタムテーブル記述子の定義が可能
  • ARIB(8単位符号)をサポート
  • 入力/出力BNC端子を独立して使用可能
  • 16MB ハードウェアバッファ
  • SD-SDI 信号の入出力にも対応
  • LEDによる伝送モード/エラーのステータス表示
  • ASIループスルー出力対応
  • SDK(DTAPI)とサンプルソースコードの無償提供

入力

TSファイル
PCのネットワークインターフェースカード(NIC)
Dektec社インターフェースカード各種

Stream Xpert Lite と Full Versionの違い

StreamXpert は、2種類のバージョンから選択頂けます:

DTC-320 Full (-SX) – 全てのStreamXpert 2.1 の機能が使用頂けます;
DTC-321 Lite (-SL) – 低価格ライセンスとして、TSの記録、及び映像音声のデコードのみ使用可能です。
Fullライセンスでは、放送技術者が必要とする機能を全て対応した解析アプリケーションとして、 Liteライセンスは、TSの簡易的なビューワ、または記録アプリケーションとして

Fullライセンスは、ご購入後1年間の無償アップデートが含まれます。これは、ご購入してから1年後までにリリースされたFullライセンスのStreamXpertがご使用頂けます。一年経過後に、新たにリリースされたStreamXpertへアップデートすると、自動的にLiteライセンスへ切り替わります。*ご購入後一年間にリリースされたStreamXpertは継続してお使い頂けます。

Full(左)とLite(右)のUIの違い

応用

  • TS関連機器の開発、TS出力の評価、システム検証用に
  • 局内・ヘッドエンド装置などのTSの品質モニタリングに
  • USBハードウェア(DTU-245、DTU-236)と併用して、 放送エンジニア向けのハンディな解析ソリューションに
  • ヘッドエンド装置のMPEG2-TS関連機器の障害対応、 品質確認に
  • 現場への持ち運びが容易なTS/SDI記録、再生・TS解析ハードウェアとして
  • R&D向け検査機器、展示会などの信号源として
  • 放送エンジニアのハンディな検証ツールとして

Copyright © 2018 Village Island Co., Ltd. All Rights Reserved.