Home > Information > ビレッジアイランドは、2021年度のCALIAN社ピナクルアワードを受賞しました

ビレッジアイランドは、2021年度のCALIAN社ピナクルアワードを受賞しました

2022年1月27日:ビレッジアイランド(東京、日本)は、2021年に初のピナクルアワードを受賞いたしました。ピナクルアワードは、2021年を通じて、ビレッジアイランドがCALIAN社のスペクトラムアナライザー Decimator D4のトップリセラーの1社として認められました。

 

マルチポート Decimator D4は、キャリアモニタリング、クロスポール測定、オプションのDVB信号復調および信号分析などのいくつかの組み込み機能を備えた第4世代のスペクトラムおよびシグナルアナライザユニットです。 HTML5ベースのユーザーインターフェイスにより、Decimator D4はすべてのブラウザーから、AndroidおよびIOSデバイスを含むすべてのプラットフォームで操作可能となります。。強力な内部デュアルコアプロセッサーを備えた Decimator D4は、最先端のデジタルテクノロジーと高速フーリエ変換を使用して高速で正確な測定を実行します。

CALIAN社AdvancedTechnologiesのSatcomProductsのディレクターであるPeterWaskowic氏からは以下のコメントを頂きました。
「私たちはあなたの販売が多大な努力なしには起こらないことをよく理解しています。この素晴らしい業績、おめでとうございます。皆様のご尽力に心から感謝しており、工場認定の再販業者であるヴィレッジアイランドを通してエンドユーザに製品が届けられる事を幸運に思います…」

「今年を始めるためのより良い方法は何ですか?」 ヴィレッジアイランドの代表取締役社長 Michael Van Dorpeは、次のように述べています。 「Covidのパンデミック危機にもかかわらず、お客様とCALIAN社は私たちのチームとサポートを信頼し続けており、私たちはそのことに感謝しております。そのためにヴィレッジアイランドは年間を通じて最善を尽くしています。これらの売上高は、当社の過去の取り組みを反映しています。これはチームワークです。」

株式会社ヴィレッジアイランドついて:

ヴィレッジアイランドは、東京を拠点として、日本および東南アジア・パシフィックにビジネスを展開しており、輸入販売、システムインテグレーション、開発、サービスなどの活動を行っています。専任のチームと資格のある専門家のネットワークを備えた「VI」は、高度に統合された柔軟性のある、あらゆるハードウェアおよびソフトウェアテクノロジーを提供し、すべてのブロードキャストおよびストリーミングのニーズに対応するコストパフォーマンスの高いソリューションプロバイダーとして知られています。

ヴィレッジアイランドの典型的なお客様は、放送/通信事業者、TV /ラジオ局、システムインテグレーター、HE機器、およびSTB / TVメーカーになります。 ヴィレッジアイランドは、1,000を超えるシステムが導入された幅広い顧客ベースを処分しています。この成功の理由は、具体的なニーズに実用的なソリューションを提供することに重点を置いて、お客様とチームを組むというVIのエンジニア精神にあります。
詳細については、当社のWebサイトをご覧ください:https://village-island.com/jp/

CALIANについて:

Satcom Productsの主要市場であるCALIAN社(カナダ)は、世界中の衛星通信セクターであり、世界中の衛星メーカー、オペレーター、サービスプロバイダーにサービスを提供しています。 CALIAN社は、政府および民間のクライアント向けに衛星を制御および監視するための衛星運用サービスも提供しています。 CALIAN社は、地上通信および軍事市場にもシステム設計と統合スキルを適用し、元請業者と機器メーカーにテストシステムと契約製造サービスを提供しています。 Decimatorスタンドアロン製品は、RFスペクトル監視のための費用効果の高いソリューションを提供します。