CMA1820

Sencore/Wellav

デジタル放送オフラインアナライザ

CMA1820

製品特長

CMA 1820は圧縮メディア情報の深い解析とエンコーディング・コンプライアンスに最適なソリューションです。
設計者、エンジニア、システムインテグレーター、ネットワーク運営者の皆様にとって、規格準拠の検証やメディアの相互運用における問題の特定、 新しいコーデック関連製品の開発や伝送にかかわる問題の解決といったことがスピーディーで簡単に行えるようになります。
CMA 1820はHEVC/H.265、H.264、MPEG2、VC-1形式のビデオだけでなく、AC-3、AAC、MPEGの音声ファイルに完全対応するので、 現在使われているすべての放送機器に適合します。クローズドキャプション字幕、SCTE35- DPIおよびPTS/DTSアラインメント解析などの 拡張オプションも装備し、解析の要求が高いユーザー様ほどメリットが大きい製品です。
ほかのSencore解析・監視機器と併用する場合でも、 モバイルプロフェッショナルのノートパソコン上で運用する場合でも、次世代デジタルビデオネットワークと組み合わせて使うのにCMA 1820は理想的なツールです。

主な特徴

  • HEVC/H.265、H.264、MPEG2ビデオ、VC-1デコーディングおよび詳細な解析(SD & HD)
  • AAC、ドルビーデジタル(AC3)、ドルビーデジタルプラス(AC3+)、 MPEG1、MPEG2音声デコーディングおよび解析
  • マルチAVコンテナフォーマット。OTT/アダプティブビットレート向けも含む
  • 直感的に簡単に使えるGUI
  • AV同期解析
  • シンタックス解析
  • ダイナミック・バッファ・ナビゲーション
  • Qp、MBタイプ、MBサイズ、動きベクトル測定値のグラフィック・オーバーレイ表示
  • コンテナやIP(PCAP)からのAV抽出
  • ビデオサムネイルをベースにしたファイルナビゲーション
  • 字幕(DVBおよびEBUテレテキスト)解析
  • シンタックス解析
  • クローズドキャプション解析
  • デジタルプログラム挿入(SCTE35)解析

アプリケーション

  • 新しいエンコーダーの運用への準拠を設置前にスピーディーに検証でき、問題が起こる前に未然に取り除けます。
  • 先進的なコーデック間の相互運用性にかかわる問題をインテリジェントに解決できます。
  • クローズドキャプションとAFD解析およびトラブルシューティング。
  • AVリップシンクテストを行い、エンコーダー出力を確認します。
  • 利益収入に影響を与えるSCTE35-DPIタイミングとシンタックスに関する問題を事前に検出します。
  • 新しいOTT/アダプティブ・ビットレートメディア・ファイルの検査。

Copyright © 2018 Village Island Co., Ltd. All Rights Reserved.