Home > Harmonic > AmethystIII

AmethystIII

Harmonic

高密度リダンダントスイッチャー

AmethystIII

製品概要

Amethyst IIIは、非常に高いパフォーマンス、柔軟性、高実装密度、ディレイ性能で、放送・伝送の流れの信頼性を強化し、また、アップタイムを最大化して、MPEG-2トランスポートストリームを適切に保護することができます。 4系統まで対応したスターターモデルとアドバンスドモデルがあり、デュアル電源/プラグを搭載して入力の解析をすることができます。現用の入力にエラーが発生した際には、他方の回線にシームレスに切り替えることができます

製品特長

高実装密度スイッチャー

1RUに最大8つの2:1 IPスイッチャーないし4つの2:1スイッチャーを有するAmethyst IIIなら、コスト、電力、スペースの削減になり、事業者の設備投資および運営コストの効率化を可能にしてくれます。

強力かつ設定を自由に変えられるテスト機能

AMETHYST IIIはお客様の必要に応じて幅広いテストを行うことができます。こうしたテストは1つずつ、操作の簡単なグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を通じて選択と設定ができます。エラー重大度の基準の選択と設定、一時的なエラー発生なら無用な切り替えを行わないようにするエラー持続時間などの選択と設定が簡単に行えます。さらにAMETHYST III はデジタルDVBネットワークの健全性を完全にチェックできるTR 101 290 (プライオリティ1/2/3)テストに対応しています。また、ATSC環境でも同レベルの幅広い項目を確認できるテストおよび監視が行えます。冗長性向上のために、プログラムの各種重要コンポーネントにおいて、パケットID、レートリミット、スクランブル状況などが期待されている状態になっているかどうかを調べるテンプレートチェックも可能です。DVB-T SFNシステム向けには、MIPパケットに関連する測定も行います。

遅延補正機能

AMETHYST III は、遅延のある入力ストリームを同時に解析することにより、数ミリ秒から数秒の間での入力遅延を補正することができます。1つの入力に問題発生を検出した場合、時間差を補正して、障害のない別の入力へシームレスに切り替えられるので、エンドユーザーには何の支障もきたしません。ネットワーク配信の冗長化やDVB-T SFNストリームの保持などに一般的に使われます

設定と管理

AMETHYST III はイーサネット10/100Base-Tポートを備え、設備操作および監視用標準的ブラウザーによる遠隔操作で自由に設定変更可能なウェブサーバーを内蔵しています。さらに入出力状況、エラーログの情報や、ビットレートグラフィックを、スイッチング設定とともにすべて読みやすい形で表示します。内蔵のSNMPエージェントを使用して管理アプリケーションを一元化することもできます。

Copyright © 2018 Village Island Co., Ltd. All Rights Reserved.